pagetitle

ポルシェカイエン新車

ホームページにアップさせて頂いたポルシェのカイエン新車。2011年にモデルチェンジをして早3年。モデルチェンジから3年が経過しても未だに世界中の各国から並行輸入のニーズがこれだけある車も珍しい。去年くらいまではカイエン詐欺みたいな業者がアメリカにも多く存在した。カイエンの買える買える詐欺。買える買えると散々入金させて数十台でドロンみたいな・・・・。僕らもアメリカでは方法こそ違えど色んなトラブルに巻き込まれた苦い思い出の車種でもあります。注文が数十台入っているのに車が入ってこない恐怖(勿論、納車出来ないものは全て全額返金以上でお客様にはお詫びしましたが・・・)正直眠れない日も有る位悩まされた車。ただ、長い期間で高い授業料を払ったお陰で今ではスムーズに新車と中古車を日本に輸出出来るようにもなった。カイエンが無かったら、海外に法人を作ったりする事も無かったかも知れないし、今ほど並行輸入に対して自信を持って仕事が出来る環境も整わなかったはず。
IMG_0014 IMG_0016 IMG_0020 IMG_0034 IMG_0040 IMG_0052 IMG_0060IMG_0056
こちらのカイエンS。今在庫としてショールームに並んでいるのが奇跡的な?オープンにカイエンが1台も無かったら寂しいなとは思っていたけど、実際オープンして3日でまだこの車が売れていない事に少し悲しかったりもする(笑)ディーラーさんで販売する価格はオプション込みで1379万円。僕らの金額は998万円。その差約400万円。はっきり言ってナビ部分以外はディーラー車と何も変わらない。結局、この価格差が並行輸入の阻止へと繋がっているんですけどね。

この車のもう一つ優れているのがカラーとオプション。人気のホワイトに内装がベージュ。人気希少オプションのパノラマルーフとシートベンチレーション(シートクーラー)更にはエアサスペンション。細かく言うと、電動テールゲートにキセノンヘッドライト、プライバシーガラス、レーンチェンジアシスト、BOSEサウンド、14WAYコンフォートシート、ステアリングヒーター、19インチAW、電動サンシェードなどなど。至れり尽くせりの豪華フル装備
今なら即納可能なこちらの新車カイエンS。数年乗ってもあまり値段は変わらない本当にリセールの高い車です。オートギャラリーでは販売のみならずポルシェ専用テスターにて最新モデルまでのテスター診断からコーディング作業までも自社にて対応可能です。新車に関しましては3年間、走行距離6万KMの保証もお付けしておりますので末永く安心してお乗り頂けるはずです。
テスター
次回はオートギャラリー大阪の本命「ポルシェパナメーラ」のお話を。

初日を終えて

お蔭様で本日オートギャラリー大阪は無事オープンさせて頂く事が出来ました。閉店時刻まで多数のご来店を頂きまして誠にありがとうございました。現在ショールームには皆さんに見て貰いたい車が沢山有り過ぎて、ここぞとばかりに車を展示中です。自分で決めておいて言うのも何ですが、車と車の距離が近すぎて車は良く見えません(笑)更には頂いたお花も多く(皆様本当にありがとうございます)車を見るどころか歩くことすら厳しい状況かもしれません。ただ、数週間はしょうがないかな?なんて思ってますのでご来店の際にはご勘弁下さい。
__ 1 (2) __ 2 (2)__ 2 __ 3
今回大阪心斎橋に新店舗をオープンさせて頂くにあたり、改めて自分たちの車屋として特徴や他店との差別化について考える事が出来ました。ここ5、6年は円高に支えられて並行輸入車というものが世間でも極めて特別な車だという捉え方はされなくなってきております。しかしながら、まだまだ正規輸入車に比べると評価が低いのも現実。評価が低いという表現を致しましたが、車が何かが劣っているという事は全くございませんし、むしろその逆で日本に無いグレードから装備、更には車種に至るまで、日本の正規ディーラーで買えないからと言われるお客様がお求めに来られるケースも珍しくございません。それでは何の評価が低いのか?まずはメディアの評価。車の買い方レクチャーみたいなものやインターネットで並行輸入車などと検索すると、決まって「並行車は壊れる」とか「並行車はメンテナンスが出来ない」などなど好き放題書かれている。僕から言わせて頂ければ、「並行車は壊れる」などは全くの根拠の無い大嘘だし(同じ生産ラインで作られる工業製品で変わるはずが無い)、「並行車はメンテナンスが出来ない」などは、それ以前に買うお店を選びなさいと言いたい。並行輸入車はリセールが低いと聞くことも有るが、仮にそれがそうで有ったとしても「損が少ないのはどっちなのか?」という話で考えれば、それも大嘘である。新車で2000万円のディーラー車と1500万円の並行輸入車があったとして2年後にディーラー車と新車並行車の買取金額がどれくらい変わるものなのか?実際は対して変わらないのではなかろうか?同じく500万円ずつ下がるとするとディーラー車が1500万円の車の価値なら新車並行輸入車は1000万円という事になる。買取業者に言わせたってそんなに開く訳はないのだから、損が少ないのも並行輸入車と言う事になる。

長々と書いてしまいましたが、僕自身この5年は半分以上を仕入れの為に海外で過ごし、現地法人の設立や海外での仕入れにおいては海外のディーラーとの太いパイプを作る事が出来ました。その海外での仕入れ活動をささえてくれる社員たちにも恵まれる事が出来ました。冒頭で書きました他店との差別化という部分では、当然優れたスタッフ達が一番なのですが、仕入れ命と16年間この業界でやってきましたのであえて言わせて頂きますが、車屋は仕入れが命です。仕入れなくして輸入車販売店は成り立ちませんし、お店を存続させていく為に必要な利益も生むことは出来ません。肩書きこそは「社長」となりましたが今後も僕のやるべき事は並行輸入のスペシャリストを唄う以上は更に更に海外に出て仕入れを全うする事が会社の成長であると思っております。社長業をやるつもりはありません。それ故に優秀なスタッフ達が居てくれているわけですから(笑)
とにかく並行輸入の事は私どもにお任せ頂ければ必ずご満足頂ける自信を持っております。オートギャラリーは入り口看板にも有りますように「Fine Cars From Around The World」「世界中から最良の1台をお客様にご提供する」をモットーに、ここ大阪から本日より営業を開始させて頂きました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

本日オープンです!

本日、オートギャラリー大阪オープンさせて頂きました。

ショールームには沢山のスペシャルカーが所狭しと展示中です。

オープンから1ヶ月間はオープニングフェアを開催させて頂いております。

皆様のご来店をお待ちしております。

IMG_0018 (800x600)

IMG_0014 (800x600)

IMG_0045 (800x600)

 

 

AG大阪ついに明日オープンです

02_ag_genroq0114 (635x800)

株式会社AG オートギャラリーOPENします

 __ 1
2013年11月16日(土曜日)大阪・心斎橋についにオープンさせて頂く事になりました。

会社名は株式会社AG 店舗名は「オートギャラリー大阪ショールーム」となります。

現在急ピッチで工事は進行中です。

ショールームのデザインは数々の素敵なお店を作ってこられた、デザインルーム702の松中先生にお願いしております。

こだわりのショールームでこだわりのクルマをご覧頂けるショールーム。もう少しで完成します。

このショールームにふさわしいクルマも既に入庫済みです。クルマたちも早くご紹介したいのですが、あと3日我慢して、16日にお披露目させて頂きます。

オートギャラリーのクルマのコンセプトは「Fine Cars from around the WORLD」。よくありがちな「全車正規ディーラー車」こんな事に私共は全くこだわりは有りません。むしろ、「全車並行輸入車」でも面白いかなと考える程に、海外からの並行輸入車の仕入れや整備には自信を持っております。並行輸入車だけでしか味わう事の出来ない輸入車の醍醐味をお客様と共に共感させて頂き、世界中で価値の有る1台をご提供する事が、クルマ好きのクルマ好きの為の販売店であると考えております。

車屋人生16年目。人生で言うと折り返し地点。2013年11月16日。新たなスタートを人生を掛けて頑張っていきますので皆様ご支援のほど宜しくお願い致します。

株式会社AG オートギャラリー
代表取締役 藤本太輔